研修プログラム

menu

研修科目

menu

募集と採用

menu

研修プログラム

menu

研修施設

Training facility

基本的に当院で研修を行い、希望によって様々な病院で研修することも可能です。

研修を実施する病院や施設

研修分野 病院又は施設の名称 研修期間
みなと医療生協 その他
内科 協立総合病院 8ヶ月
外科・麻酔科 協立総合病院 2ヶ月
救急部門 協立総合病院 3ヶ月
小児科 協立総合病院 2ヶ月
産婦人科 協立総合病院 1ヶ月
精神科 協立総合病院 1ヶ月
地域医療 みなと診療所当知診療所クリニックレインボー高畑生協診療所
1ヶ月






総合診療 協立総合病院    
緩和医療    
内科 協立総合病院    
外科 協立総合病院    
整形外科 協立総合病院    
整形外科 協立総合病院    
皮膚科 協立総合病院    
泌尿器科 協立総合病院    
脳神経外科 協立総合病院    
耳鼻咽喉科 協立総合病院    
眼科 協立総合病院    
研修分野 病院又は施設の名称
みなと医療生協 その他
内科 協立総合病院(研修期間:8ヶ月)
外科・麻酔科 協立総合病院(研修期間:2ヶ月)
救急部門 協立総合病院(研修期間:3ヶ月)
小児科 協立総合病院(研修期間:2ヶ月)
産婦人科 協立総合病院(研修期間:1ヶ月)
精神科 協立総合病院(研修期間:1ヶ月)
地域医療 みなと診療所当知診療所クリニックレインボー高畑生協診療所
(研修期間:1ヶ月)
その他選択科目
総合診療 協立総合病院
緩和医療
内科 協立総合病院
外科 協立総合病院
整形外科 協立総合病院
整形外科 協立総合病院
皮膚科 協立総合病院
泌尿器科 協立総合病院
脳神経外科 協立総合病院
耳鼻咽喉科 協立総合病院
眼科 協立総合病院

評価の方法

  1. (A)CPCレポート、A疾患レポート、症例レポート、研修自己評価レポートを作成し、各自のポートフォリオを作ります。
  2. (B)研修医は、毎月、受持ち症例のリストをまとめるとともにポートフォリオ、研修自己評価レポートにそって自己評価を行います。
  3. (C)指導医は、毎月、相互評価を行い、研修指導委員会に提出します。
  4. (D)研修指導委員会で、各指導医、研修医により提出された評価表、まとめをもとに評価を行い、記録に残します。
  5. (E)研修医自身が研修手帳を持ち、自らが遭遇した疾患・学んだ事の記載を行い、研修に役立てるようにします。
  6. (F)年に1回、OSCEを行い、基本的技能を評価します。