研修プログラム

menu

研修科目

menu

募集と採用

menu

募集と採用

menu

協立総合病院で研修を再スタートしませんか?

初期研修を中断された、あるいは悩んでいる先生
協立総合病院で研修を再スタートしませんか?

「大きな病院なら専門医も指導医もたくさんいる。設備も立派だしきっと充実した研修ができるだろう」と初期研修に臨んだものの、何かが違うと感じ行き詰っている先生がいらっしゃるのではないかと思います。事実、全国では毎年約100名の研修医が何らかの理由で研修を中断しているのです。

中断の理由として、「子供を授かって産休・育休に入る」ということもありますが、「大量の雑務を押し付けられ自分の時間(勉強する時間)を持てない」、「睡眠時間が足りず精神的に不安定になる」といったことが大半です。

そんな理由から「自分はもう初期研修を修了することができないのではないか」とか「これから医師としてやっていけるのだろうか」と悩んでしまっているのではないでしょうか。
しかし、それは決して医師としての能力の問題ではないのです。おそらく、人間関係の相性であったり、研修病院のシステムと自らの性格や考え方が合わなかったりに過ぎないのかもしれません。他の病院であれば、きっと違った形での研修を行うことができるでしょう。

協立総合病院では、これまで再開された研修医が無事研修を修了しています。
何よりも当院では初期臨床研修を『生涯医師として働いてくための基本となる2年間』として位置づけています。

当院の特長

当院の初期研修は、以下の点に力を入れています。

  • ○プライマリケアを重視し、総合的なアプローチに主眼を置いています。
    全⼈的医療の習得を⽬的としています。基本的能⼒を⾝に付け、研修医が担当医として患者さんに対応します。
  • ○腰を据えてじっくりやりたい⽅に最適です。
    研修医⾃⾝が主体的に研修を作ることができ、⾃分でやりたいことを決めていきます。指導医と相談しながらプログラムの調整を進めていきます。
  • ○充分にゆとりを持った研修、指導医・上級医に気軽に相談できる環境です。
    当直研修は直ぐに始めるのではなく、原則1年目の12月頃から開始するプログラムになっています。
    指導医の熱心なきめ細かいサポート、常に誰かに相談できる環境、温かい人間関係の中で研修が出来ます。

研修を中断しようと考えている方、再開する病院をお探しの方、是非一度協立総病院へ見学にいらっしゃいませんか。見学や説明会を随時受け付けています。
これまでの研修内容を考慮し、お互い相談しながら一人一人に合った初期研修を作っていきましょう。

お問い合わせについて

お問い合わせは、下記の『お問い合わせフォーム』若しくは下記の連絡先(E-mail、電話)からお願い致します。
現在、2014年度初期研修医(2年目研修医)の中断者を募集しています。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ先

協立総合病院 医学生担当 千葉
電話:052-654-2211(病院代表) FAX:052-651-7210
E-mail:chiba@kyoritsu-ghp.or.jp