研修プログラム

menu

研修科目

menu

募集と採用

menu

指導医

田中 久

プログラム責任者
総合内科医、神経内科専門医
リハビリ・テーション指導医等、
多くの専門医・指導医を持つ。
医学博士

協立総合病院の初期研修プログラムの特徴を教えてください。

当院の初期研修では、医師としての総合マネジメント能力(主治医となるための臨床能力)の習得が特に重要であると考えています。これは将来専門医を目指す場合も、総合医や家庭医となる場合も非常に大切なことです。そのためのカンファレンスや指導医の関わりを重視しています。また救急研修でも、いきなり当直に入るのではなく、日勤帯の救急対応からはじめて、徐々に成長し自立していけるようなシステムをとっています。実際の研修は基幹科ローテートをベースにしていますが、研修医の学習目標と希望に合わせて、ローテートする科をある程度選択できるようにもしています。

初期研修先を選ぶにあたって重要だと思うことはなんでしょうか。

2年間の初期研修のプログラムがまずきっちりしているかが重要です。また見学時に実際の研修医が生き生きと研修しているか見ておくのも重要なポイントです。

初期研修において学んでおくべきことはどんなことでしょうか。

2019年の新専門医制度開始にあたり、焦りのためか初期研修がおざなりになってしまう危惧を感じています。まずしっかりとしたプライマリケアの臨床能力の上に初めて専門医があるわけです。2年間は地域に根ざした病院でcommon diseaseを十分経験して学び、患者さんの心理・社会的な背景も理解できる基本的な力をしっかりつけておく必要があります。

指導するにあたって留意している点について、お聞かせください。

カンファレンスやベットサイドでの教育を重視しています。研修医の自主性を尊重しつつ、個人の成長スピードに合った指導ができるよう心掛けています。

医学生に向けてのメッセージをお願いします。

医学部教育カリキュラムが近年ますます忙しくなり、医学生に余裕がなくなっています。医学の勉強も頑張らなければいけませんが、医学以外の幅広い分野の勉強や課外活動をいろいろ経験することが、今後の医師人生を豊かにすると思います。医師はやりがいのある素晴らしい職業ですが、同時に高度に社会的な存在でもあり、地域に求められる医師像についても考えて下さい。